バイオマス発電プラント — 山梨罐詰株式会社

yamakan

フルーツゼリーなどの製造過程で排出される「廃シロップ」を原料にバイオガスを発生させ、電力と温水のエネルギー源に活用するというシステムです。これにより二酸化炭素排出量だけでなく、経営コストの削減にも繋がりました。
また、現在シロップ廃液以外の廃棄物にもメタン発酵できるプラントを目指して、汎用性を広げるための研究開発を行っております。

製品について詳しくはこちら

関連記事